トクラス工場見学

キッチンやユニットバス、洗面台などの設備を住宅設備機器と言います。
略して住設とも言います。

浜松にもそのような住設を製造販売しているメーカーがある事を、皆さんご存知でしょうか?
その名はトクラス!

トクラス

かつては、ヤマハリビングテックと言う名前でした。名前の通りあのヤマハの住宅設備部門として営業されてましたが独立した会社として現在は営業されています。(詳細はHPを見て下さい^ ^)
http://www.toclas.co.jp/
トクラスといえば、ヤマハ時代からキッチンの天板などに使われる人造大理石に力を入れておりました。
トクラスとなった今でも人造大理石を西山町の本社工場にて、並々ならぬこだわりの基、製造されております。

今日は工場内の人造大理石が造られる工程などを見学させて頂きました。

工場と言うとオートメーション化されたラインで機械が自動で造っているイメージでしたが、驚く程にアナログ!
どこどこのナニナニ様邸分のキッチンといったように一点一点、色やカタチを変更し、マサにヒトの手で造られておりました。

扉やパネルの塗装などもピアノ塗装で培った技術を住設にも生かしているようです。何工程も経て仕上げられる塗装の光沢はとても綺麗でした。
工場内は撮影禁止なのでお見せできないのが残念です。

人造大理石のコースター造りの体験もできました。

app-025686200s1437558873

木工の技術も高く、かつては精度が求められる戦闘機のプロペラも造っていたようで、人間の背丈以上の木製のプロペラも展示してありました。刻印にはヤマハの音叉マークもシッカリ入ってました。

app-039870400s1437559167

未来のキッチンと言う事で、参考にこんな流線型キッチンの展示してありました。

app-036239100s1437559494

この工場見学の目玉としては、トクラスのハイグレードのユニットバスに実際に入浴できる事です。
ユニットバスの個室がズラッと並んだ銭湯のような部屋があり、参加者は1人づつ別々のユニットバスに入浴させて頂きました。

リフォームや新築などでの住設選びで、迷われている方は是非、おススメの工場見学だと思います。

住設の話になるといつも思うのですが各メーカー、皆さん頑張っております。
私のイメージとしては、技術や機能はどこも、そう違いはないと思います。
ただ、実際の製造現場を見て、体験もできる地元の会社というのはトクラスだけです。
メーカー選択の一つのポイントにはなりますね。

機会があれば、ショールームにて問い合わせの上、是非体験してみて下さい^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です